バナナは犬にとって良いものですか? なぜ犬はバナナを食べてもいいの?

2022-06-17


バナナは、食物繊維や鉄分、カリウムなど、体を丈夫に保つための栄養素を豊富に含む一般的な果物で、ナトリウムが少なく食物繊維が豊富であることから、心臓の健康をコントロールしたい人におすすめです。
また、「犬は人間の食べ物を食べてもいいのか」という話もよく出ますが、犬の「目つぶし」にひっかかり、ついつい私たちの食べ物を少し与えてしまう飼い主さんも少なくありません。 実際には、すべてのものが食べることができないのではなく、いくつかのものは、限り、あまりにも多くしないように、時折犬に少し味を与える、彼らは子供のように、味覚の新しい世界を開くようになります跳躍の喜びのような。 だからバナナは、犬が食べることができることを、とても良い果物ですか? それは、犬の食べさせ方次第です。 上手に食べれば、バナナは健康な犬の食事に大いに役立ちます。しかし、適切な与え方をしなければ、バナナは犬にとって問題にもなりかねないのです。

I. なぜ犬はバナナを食べてもいいのですか?


バナナには犬の体に有害な物質は含まれていませんので、犬のおやつとして食べても全く問題ありません。 バナナもかなり甘いから、犬には害がないのでは」と思われるかもしれません。 実は、バナナに含まれる糖分は果糖で、犬の体には害はありません。 普段私たちが一番気をつけなければならないのは、キシリトールを犬に摂取させないということで、深刻な場合は死に至る可能性もあります バナナは温かい食べ物なので、下剤のような効果があります。 犬に便秘の症状があるときは、バナナを少し少なめにしてあげると、お通じがよくなり便秘の症状が緩和されます。 犬がバナナを食べても問題はありませんので、安心して食べてください。 しかし、子犬はバナナを食べることができない、成年前の食事の子犬は最高のドッグフードに基づいて、子犬は壊れやすい胃や腸を持っており、バナナを食べると簡単に消化不良や嘔吐下痢、およびその他の症状をもたらし、胃や腸を刺激することができます。

II. 犬にとってのバナナの効果とは?



1. ビタミンB
バナナには、ビタミンB1、B2、B6を含むビタミンBが豊富に含まれています。 これらのビタミンは、タンパク質、脂肪、炭水化物の代謝を促進し、犬の体内の栄養レベルを調整することができます。 ビタミンBの力を借りて、犬はバナナに含まれる糖分を上手にカロリーに変換することができるのです。

2. 食物繊維
バナナには、水溶性食物繊維のペクチンと不溶性食物繊維の2種類の食物繊維が含まれています。 この2つの食物繊維は腸の運動を促進し、犬の便秘の予防に非常に良い効果を発揮することができます。

3. 3.ミネラル
バナナには、カリウムとマグネシウムが豊富に含まれています。 マグネシウムは骨や歯の重要な部分であるだけでなく、高血圧の予防に良い効果を再生することができます。 もちろん、マグネシウムはシュウ酸カルシウムの腎臓結石のリスクを減らすことができます。 そして、カリウムは非常に良い利尿効果を持って、つまり、より多くの水と塩と体を削除するには、あまりにも多く食べることができないことに注意してください。

4.バナナの糖度、高カロリー
バナナは、他の果物と同様に、高い糖度を持っています。 そして、糖度が高いことは、犬にとって良いことではありません。 砂糖を食べ過ぎると犬が太りやすくなり、肥満は関節炎、心臓、肝臓の問題など、さまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。 また、犬によっては砂糖中毒になることもあり、バナナは犬の1日の消費カロリーを超えることもあるなど、良いことはないので、摂取量をコントロールすることが大切です。

5. バナナに含まれるカリウムは、犬の体内の浸透圧のバランスを保つ効果があり、ビタミンCは犬の免疫力を高める効果があるなど、バナナは犬にとって非常に良い果物であることが証明されています。 また、ビタミンA、葉酸、鉄、亜鉛、リボフラビン、ナイアシンなどは、犬がバナナのおやつから吸収できるビタミン・ミネラル類です。
さらに、バナナはナトリウム、脂肪、コレステロールが少なく、抗酸化物質が豊富です。これらの物質は、特定の犬のがんを予防し、愛犬の皮膚や被毛を健康に保つ役割を果たします。 バナナに含まれるマグネシウムは、骨の成長を促進し、体内でのタンパク質の生成を助け、ビタミンの吸収をよくすることが分かっています。
また、バナナに含まれる食物繊維は、犬の腸の運動を強化し、消化を促進する働きがあります。

6. ビタミンやミネラルを補う
バナナには、ビタミンBやビタミンCなど多くの栄養素が含まれており、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促進し、犬の体内の栄養バランスを整えることができます。 また、カリウムやマグネシウムも豊富で、犬の高血圧を予防することができます。

7. 消化を助ける
よく消化不良を起こす犬がいますが、バナナは食物繊維で消化吸収がとても良いので、愛犬に与えてみてはいかがでしょうか。

バナナは犬にとって良いものですか? なぜ犬はバナナを食べてもいいの?



3:バナナの作り方


(1)つぶす

バナナを潰して、ぬいぐるみに入れることができます。 冷蔵庫で冷やすと、夏場の犬のおやつになります。

(2)スライス

バナナを直接スライスして、そのまま愛犬に与える方法もあり、最も便利で直接的な方法です。
(3)焼いたドライフルーツ

バナナを焼いてドライフルーツにし、山羊乳の粉末と混ぜて犬の栄養補助食品として与える方法もあります。 ヤギミルクは、品質が保証された有名なものを選ぶとよいでしょう。

(4)ヨーグルトとバナナクッキーを混ぜる

ペットの飼い主さんは、犬が大好きなバナナとヨーグルトを一緒に混ぜて、バナナクッキーなどの小さなおやつにするのもおすすめです。

バナナは、薄切りにしても、つぶしてもおいしく食べられますが、特に早食いの犬には、丸呑みにするよりも、一口大にカットしたほうがおいしく食べられます。 いくつかの犬のぬいぐるみは、犬が食べるためにいくつかのマッシュされた食品を入れて、犬が非常に好きな再生し、食べることができるように設計されています。 これは、バナナをつぶして入れることを検討する良い機会です。 ドッグフードのレシピを理解する上で、バナナは、バナナブレッド、バナナ冷凍スナック、冷凍ピーナッツバターバナナケーキなど、犬のための別のおいしいおやつに一緒に結合したバナナの柔らかい、粘り気を使用して、ベーキングまたは冷凍おやつ作りでより一般的に使用されています。 犬にとって、これらのスナックは香ばしく、柔らかく、歯の悪い犬に非常に適しており、これらは犬にとって非常に楽しく、健康的で、おいしいです。

現在、うんこすくいはオールラウンダーが多く、犬を飼っているので、おやつだけでなく、犬用の手作りレーションなど、あらゆる可能性が展開されているのだそうです。 愛犬に食べさせられる食材は、すべて試してみることができます。

4つ目 犬がバナナを食べるときの注意点


1、バナナは犬のために良いですが、頻繁に食べることができない、一度にのみ2〜3枚、週に2〜3回以上ではない、または犬のバナナは、体脂肪につながる可能性があり、あまりにも多くを食べる。

2、犬はバナナを食べることができますが、バナナの皮を食べることはできません。 バナナの皮に含まれる大量の繊維は、犬の嘔吐や下痢につながるだけでなく、彼らの喉や腸に詰まっている可能性があるためです。

3、バナナは犬の主食、主食やドッグフードに十分な栄養を提供しないため、バナナを犬の主食として使用することはできず、補助的にしか使用できない。

4. 食べ過ぎに注意

バナナに含まれる糖分は、犬にとって害はないと言われていますが、食べ過ぎには注意しましょう。 バナナには糖分が多く含まれており、飼い主が食べ過ぎると犬の肥満につながってしまいます。 犬の肥満は、関節炎など、さまざまな問題を引き起こす病気とされています。 また、バナナは糖分だけでなく、エネルギーも多く含まれているので、普段は主食やドッグフードなど、少量の給餌が良いとされています。

5. 5.バナナの皮は食べないでください

バナナの皮に毒性はありませんが、やはり犬には不向きです。 バナナの皮に含まれる大量の食物繊維は、もしかしたら犬に嘔吐や下痢を引き起こすかもしれません。 しかし、一般的に犬にバナナの皮を食べさせると、心配なのは犬がゴミ箱をひっくり返さないかということです。 バナナの皮だけでなく、通常のゴミ箱の中のゴミも犬の健康に悪いので、こうした事態を避けるために、飼い主は蓋つきのゴミ箱をいくつか購入したほうがよいでしょう。
つまり、適量のバナナを与えても、犬に迷惑をかけることはないのです。 さて、皆さんは愛犬にバナナを与えたことがありますか? 彼らの反応はどのようなものでしょうか?


  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:116 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 16:49:58
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/バナナは犬にとって良いものですか-なぜ犬はバナナを食べてもいいの
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索