犬にりんごはいいのか? 犬にりんごを食べさせるとどんな効果があるのか?

2022-06-17



りんごを食べたことがない人はいないと思います。 りんごはビタミンが豊富で、シャキシャキして甘酸っぱくて、一年中手に入る果物なので、好んで食べる人も多く、家庭で一番多い果物と言っていいくらいです。 ただ、多くの犬の親は悪い習慣を持って、彼らが食べるもので、常に犬と少しを共有するように、犬が食べることができるかどうかを確認するために最初にチェックしなかった、自責の念に最後の問題の結果、それは損失の価値がない。 犬は常に人間の良き友人であった、多くの愛犬家は、複数のかわいい犬を持っているでしょう。 我々は、犬やキツネの毎日の餌になっているも、多くの詳細、特に犬の食べ物に注意を払うです。 多くの人々は、犬がリンゴを食べることができるかどうかを尋ねるのだろうか? だけでなく、リンゴや果物の犬は少しを食べることができますが、ほどほどに。 というのも、このような「忖度」(そんたく)があるからです,モンクレール ダウン 激安。

I. 犬にとってのリンゴの効果とは


りんごには水溶性の食物繊維が含まれており、犬の胃腸の授乳や消化を助け、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌の繁殖を助けてペットの下痢を抑えます。 同時に、りんご食物繊維はペットに「満腹感」を持たせて食事の量を減らし、犬の肥満の可能性を低減させることができます。 また、リンゴ酸を含んでいるので、ペットの偏食を改善するための「香りづけ」としても非常に優れています。
りんごの栄養価は非常に高く、果肉1kgあたり糖分15g、たんぱく質2g、ビタミン類が豊富に含まれ、りんごは脂肪分が少ないので、犬が栄養補給のためにりんごを多少食べても太ることはないでしょう。

りんごに含まれるペクチン(水溶性食物繊維)は、腸の消化を助け、胃腸を丈夫にし、腸内細菌の繁殖を促進するので、脾臓と胃腸のためにりんごを食べることができます。

りんごには、犬の成長・発達に必要なさまざまなビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 さらに、りんごは犬の食欲を増進させ、よく食べるようにするための風味付けの役割も果たします。

リンゴ酸・クエン酸
りんごの味に酸味と甘味があるのは、この2つの物質が含まれているからです。 リンゴ酸とクエン酸が多ければ多いほど、リンゴの味は甘くなります。 この2つの物質は、味を豊かにするだけでなく、抗炎症作用や疲労回復作用、犬の体内でシュウ酸カルシウム結石ができるのを防ぎ、尿路結石を予防するなど、さまざまな効果が期待されています。

ペクチン
りんごには、水と出会うと凝固する水溶性食物繊維の「ペクチン」が含まれています。 ペクチンは、犬の便通を良くして消化を促進するほか、腸内の悪玉菌を減らしてプロバイオティクスの繁殖を助け、犬の下痢を軽減する効果が期待できます。 また、ペクチンは犬に満腹感を与えやすくするため、食事の量を減らして痩身効果を得ることができます。

カリウム
りんごに含まれるカリウムは、犬の排尿を促し、体内の余分な塩分を排泄させる働きがあります。 血圧を下げたり、腎臓病を予防する効果もありますが、腎臓病で高カリウム血症を患っている犬にはあまりよくありません。

ポリフェノール
りんごには100種類以上のポリフェノールが含まれており、抗酸化作用や犬のアレルギー予防、がん細胞の生成を抑制する作用があります。

犬にりんごはいいのか? 犬にりんごを食べさせるとどんな効果があるのか?



II. 犬にとってのリンゴの悪いところ



りんごはサクサクと甘く食べられるので、糖分や炭水化物の含有量が多いことを知っておく必要があります。 他の果物に比べて、特別高いというわけではありませんが、毛神様の体は炭水化物を消化しすぎて食べるのには向いていないので、りんごの食べ過ぎには注意が必要です。

残留農薬濃度

りんごは、水で洗い流しても落ちない残留農薬濃度が高いことを知っておく必要があります(残りはいちごや桃)。 お金が許すなら、犬が農薬を食べないように、有機栽培のりんごを選ぶとよいでしょう。

犬に与えるリンゴの効果

カロリーは 52

タンパク質:0.3g

脂肪:0.2g

炭水化物: 13.8グラム

糖質:10.4g

食物繊維:2.4g

水分:85.6g

ビタミンとミネラルを含む

ビタミンC - アスコルビン酸とも呼ばれ、オレンジやキウイなど多くの果物には、酸化防止や皮膚の保湿、免疫力の強化など、犬の体の働きに重要な栄養素が含まれています。

カリウム - リンゴに多く含まれるミネラルで、健康な心臓を維持するために重要です。

複数の抗酸化物質
多くの慢性疾患(慢性皮膚炎、アレルギーなどは犬に多い)は、体内の過剰な酸化ストレスによって引き起こされます。 りんごには、酸化ストレスに対抗するために役立ついくつかの抗酸化物質が含まれています。

ケルセチン - 多くの植物性食品にも含まれる栄養素で、動物実験によると、炎症、ウイルス、がん、うつ病と闘うのを助けると言われています。

カテキン - リンゴに含まれる天然の抗酸化物質で、一般的には緑茶に多く含まれ、その含有量が非常に多いことから「健康食品の驚異」として知られています。 動物実験では、カテキンには脳や筋肉の機能を向上させる効果があることが確認されています。

クロロゲン酸 - コーヒーによく含まれる抗酸化物質で、血糖値の低下や体重減少に関連があると思われる。

後腸の発酵を促進する。
犬の体内に入った食べ物は、後腸に到達して後腸発酵をするため、後腸に残ってゆっくりと消化され、さらに栄養が吸収されるとイメージしてください。 犬の研究では、新鮮な柑橘類やリンゴが食後の犬の後腸発酵を促進させることが分かっています。 簡単に言うと、毛皮の神様が食べ物を消化吸収するのを助けるとイメージしていただければと思います( 11 )。

特定の癌を予防する
りんごにはビタミンCが含まれています。研究では、アスコルビン酸(ビタミンCとも呼ばれる)を大量に摂取すると、犬のメラノーマ細胞株に対して抗がん作用が見られることが指摘されています。
神経筋、心筋、骨格筋の健康維持
カリウムは、りんごが提供する主要なスルホン酸塩です。カリウムは、神経筋、心筋、骨格筋の健康維持に非常に重要で、不足すると複数の障害を引き起こすことが研究で明らかにされています。
犬が食べられる果物もあります。例えば、犬はバナナを食べることができます。バナナは犬の腸の蠕動運動を助けることができるので、犬が便秘や下痢をしている場合は、バナナを食べるといいでしょう。 いくつかのリンゴは、リンゴは解毒することができ、食べることができますが、あまりにも多くを消費しないでください。

それは犬のコートが光沢のあるままであることを確認することができますので、犬はまた、アボカドを食べることができます。 犬がアレルギーを持っている場合、それは食べることができます。 スイカは水分を補充することができますが、あなたはあまりにも多くを食べることができない、または犬は常にああトイレを実行します。 オレンジとグレープフルーツは、エネルギーを補充し、消化を助けるビタミンCが豊富で、便秘の犬でも食べることができますが、あまりにも多くありません。

犬の食トラブルを避けるためにも、犬に果物を食べさせるときの注意点を知っておく必要があります。 犬はそれらの果物の種や芯を消化する方法ではないので、あなたの犬は、果物の種や芯を食べる与えてはいけません、犬の健康のために容易ではない。
あなたの最愛の犬の果物を与えるとき、あなたはあなたの犬があまりにも多くの果物を与えないように覚えておく必要があります:あなたの犬に一度に多くの果物を与えることは非常に犬の下痢を引き起こす可能性がある、果物の任意の種類です。 また、ドライフルーツはあまり、ピーナッツを食べると、そのような非常に香りが、物事を噛むのは簡単ですが、犬の消費量を制御するために、一度あまりにも多くの食べることも消化不良を引き起こす可能性があります栗。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:374 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 16:49:28
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬にりんごはいいのか-犬にりんごを食べさせるとどんな効果があるのか
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索