犬はナッツ類を食べてもいいのでしょうか? ナッツや種子は犬に良くないの?

2022-06-17



犬に餌を与えることは、厄介な仕事です。 犬は何でも食べたがりますが、必ずしも何でも食べられるわけではありません。 人間の食べ物が必ずしも犬に適しているとは限りませんし、私たちが栄養価が高いと思っている食べ物が、犬にとっては禁忌である場合もあります。 ナッツが健康的なおやつと思われがちなように、私たちの犬はナッツから得られる効果を得られないかもしれないのです。

I. 犬はナッツを食べることができる?



犬がナッツを食べることができるかどうかは、状況によって異なります。 犬用のナッツのほとんどは無害で、一般的なピーナッツ、アーモンド、カシューナッツなどです。 適当に少し食べさせることはできますが、加工されていないナッツを選ぶとよいでしょう。 また、ASPCAによると、ナッツ類に含まれる高脂肪分が犬の嘔吐や下痢を引き起こす可能性があるため、与える際は飼い主の判断で慎重に行う必要があります。

さらに、ナッツの種類によっては犬に適さないものもあり、マカダミアナッツや黒クルミを犬に与えないよう、飼い主は注意が必要です。 レッドバンク動物病院の臨床栄養学博士、Martha Glynn博士によると、この2種類のナッツには犬にとって有毒な成分が含まれており、低血糖、筋肉のけいれん、さらには腎不全を引き起こす可能性があるそうです。 全体として、犬がナッツ類を食べることは可能ですが、食べ物の種類と分量には厳重に注意する必要があります。


II. 犬は種子を食べることができますか?



ナッツ類と同様、植物の種子も食べることができます。 メロンの種、ゴマ、スイカの種など一般的な植物の種は、皮をむいて少量であれば犬に与えることが可能である。 ただし、種や核は別で、一般的なさくらんぼ、桃、プラム、アボカドなど、川上の果物は犬が飲み込んだ場合、犬は中毒を起こしたり、窒息の危険性があります。

犬に有毒なナッツは、次のとおりです。
1、クルミ
クルミは犬にとって有毒で、震えや痙攣、発作、心血管系の異常などの中毒症状が出るので、避けるように注意してください。 しかし、興味深いことに、このような中毒症状が報告された後にクルミを食べる猫はおらず、せいぜい消化不良、軟便、下痢程度です。

2. ハワイ産の豆
毒性のメカニズムや成分はまだ解明されていない。 体重1kgあたり2.4gの純粋なマカダミア豆を摂取した場合、12時間以内に精神状態の悪化、下痢、嘔吐、体温上昇、重症の場合は痙攣、運動失調、虚脱などの神経症状が現れるとされている。

犬はナッツ類を食べてもいいのでしょうか? ナッツや種子は犬に良くないの?



III. ナッツ類や種子類は犬にとって悪いものなのか



ナッツやシードの種類によっては、犬にとって危険なものもありますが、犬にとって許容範囲のナッツやシードでも、個々の犬によって健康を害する場合があります。 例えば、胃腸が弱い犬や膵炎などの疾患がある犬にとっては、ナッツ類を食べただけで下痢や嘔吐を起こすことがあります。 カビの生えたナッツは、犬の神経系に影響を与え、発作を起こす可能性があります。

ナッツ自体には毒性がないものもありますが、大きすぎるのも犬にとっては危険です。 例えば、ピーカンのように大きなナッツは、その大きさだけで犬の喉を塞いでしまい、窒息や消化不良による胃腸の詰まりにつながる可能性があります。

つまり、犬に食事を与える場合、飼い主は特に「中庸」という点に注意する必要がある。 食べ過ぎると負担になります。 ピーナッツバターはカロリーが高く、摂取量をコントロールしないと犬の肥満の原因になります。 そのため、与える前に、飼い主が与えるべき量を把握しておくとよいでしょう。
犬はナッツの恩恵を受けられる?

ナッツ類が犬に良いのかどうかについては、まだ賛否両論があります。 ナッツ類には、多くの犬のおやつに不足しているオメガ3脂肪酸やタンパク質が含まれており、適度に摂取することで犬の健康に良い影響を与えることはあります。
しかし、ナッツは何といっても高カロリー食品であり、おやつといえども栄養補給のための利用は推奨されず、大量に食べることは避けなければなりません。 愛犬のおねだりする目に我慢できない飼い主さんは、一口二口なら食べさせてもいいですが、長期的なおやつなら、もっと探したほうがいいのかもしれませんね

第四に、なぜ犬はドライフルーツを食べてはいけないのでしょうか?


犬は微量栄養素が不足している、うんこ屋は、ドライフルーツを与えることができると思う? を恬撹するための恷も嶷勣な勣咀である。

1. 胃や腸への負担

比較的小さなものを食べるの犬は噛むつもりはないので、彼らはドライフルーツを食べる基本的には飲み込むですので、ドライフルーツは犬の腸に直接処理の歯を通過しない、食べるのような方法は、犬の腸に圧力をもたらすでしょう、特に消化不良になりやすい、深刻な場合は、犬の腸閉塞につながるだろう。 だから、ドライフルーツを食べるように犬に勧めないことが大切です。

また、ウンチクでは、犬のウンチに食べ物の残りが見られることがあり、犬が嘔吐することもあります。 これは犬に栄養を与えず、また犬の胃や腸にダメージを与えることになります。 ドライフルーツを与えたいと考えているうんちすくいは、犬の胃や腸の状態を考慮した上で行うことをおすすめします。

また、ドライフルーツは微量元素が豊富ですが、脂肪分が非常に多く、犬はそれらの脂肪を消化できず、胃腸炎、膵炎などの様々な病気を引き起こすことを知っておくことが重要です。 同様に、犬にいくつかの高脂肪含有量の豚肉を食べさせると、問題の数を制御する必要があり、犬があまりにも多くを食べさせるべきではありません。

2、子犬と不快になりやすい単一の食品の犬を食べる

この話題の食べ過ぎといえば、犬の餌の件に言及する必要があります。 ドライフルーツはとても香りが良いので、犬はとても香ばしく食べてしまいます。 そうすると、もう少し食べさせたいと思うウンチクも出てきます。 これは、実際には犬の腸が多くのダメージを持っているよりも多くを供給し、犬の利益のためではありません。 昔から言われている「腹八分目」というのは、犬にも当てはまります。

注意しなければならないのは、今まで単品で食べていた犬や子犬の場合、このドライフルーツを食べると体調を崩しやすいということです。 子犬は腸管が弱く、満腹感もないため、ドライフルーツは子犬にとって非常に消化しにくいものなのです。 また、一つの食べ物を長く食べ続ける犬の胃腸はとても敏感で、他の食べ物にも一定の不耐性をもっているため、嘔吐や下痢をしやすいのです。
3、食べ物が食道に詰まる
急いで食べ物を飲み込むと、気管を詰まらせたり、食道の内側に詰まらせたりしやすく、犬は非常に危険である。 特に食道の小さい子犬や犬では、このような状況が起こりやすく、深刻な場合は命に関わるので、小型犬に与えるときはドライフルーツを食べさせたり、注意する必要があります。

また、ドライフルーツの中には、マカダミアナッツ、クルミ、レーズンなど、犬の中毒につながるものもあると言います。 これらの食品は、犬の腸や腎臓に大きな害を及ぼす可能性があるのです。

では、どのようにすれば、犬に微量元素を適切に補給できるのでしょうか。
1、犬が本当にビタミンや微量元素を欠いているかどうかを判断するためにウンチクを垂れる。 やはり愛犬に専門的な栄養を与えることが、最も安全で効果的な方法でもあるのでおすすめです。
2、あなたはまた、あなたの犬の新鮮な野菜や肉を与えることができますが、食品に注意を払う人間の食べ物に加えて、吸収するために犬のために容易でなければならない、または微量元素を補うことができない食べるために犬を与えないようにしてください、しかし、また犬の胃や腸に害をもたらすでしょう。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:226 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 18:00:40
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬はナッツ類を食べてもいいのでしょうか-ナッツや種子は犬に良くないの
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索