犬はパイナップルを食べることができるのか?犬にとってのパイナップルの効果

2022-06-17



犬はパイナップルをある程度きちんと食べることができます、犬は雑食性の動物に属しており、多くの果物を食べることができますが、多くの果物を食べることで、犬に何らかの悪い現象が起こる可能性があります。 パイナップルには、ビタミンやクエン酸の他に、糖分や食物繊維が比較的多く含まれていると言われていますが、同時にパイナップルには、タンパク質の分解を助け、状況の消化を促進することができるパイナップルプロテアーゼという物質も含まれているのです。 そのため、犬にとって適切な摂取は、便秘の改善やビタミンの補給につながります。 ただし、食べ過ぎると胃腸の刺激で犬が下痢や嘔吐をすることがあります。 どんな果物でも、犬に過剰に与えるのではなく、少量にとどめておくのがおすすめです。 しかし、このような場合、「嗜好品」であることに変わりはありません,モンクレール ダウン 激安。

I. 犬用パイナップルの効能


パイナップルはとても水分が多く、パイナップルの約82%は水分です、水を飲むのが苦手な犬や水分補給が必要な犬には、パイナップルがおすすめです、甘いパイナップルは多くの犬が好んで食べます。

パイナップルの主な成分は抗酸化物質で、アンチエイジングは抵抗力を高める、などです。
また、パイナップルにはビタミン類も豊富に含まれており、中でもビタミンCは犬の免疫力を高め、抗炎症作用があります。

ビタミンB6は、犬の体内の水分バランスを整え、ホルモンを調整し、タンパク質の吸収を促進する働きがあります。
各種ミネラルは、皮膚の保護や皮膚の免疫力を高める効果があります。

犬にパイナップルを与えると、ウンチの食べ方を矯正する効果がある

これは予想外でしたが、実際に効果があります。 パイナップルのプロテアーゼが、犬の腸を通過した後のウンチを臭くすることで、犬のウンチを食べたいという欲求を抑えるそうで、ちょっと奇跡的な感じがしますが、試してみてください。
では、犬にはどのようにパイナップルを与えたらよいのでしょうか。 普段は一緒に食べて、小さく切って直接犬に食べさせると、関係も良くなります。
また、暑い夏であれば、冷蔵庫でパイナップルを凍らせて、パイナップルロリーアイスに変身させると、美味しくて涼しいですよ。
小さなパイナップル氷に凍らせたり、叩いてパイナップルピューレにしたりと、愛犬が舐めやすい形にすることができます。

II. 犬にとってのパイナップルの考えられる危険性



1:パイナップルのような果物は、特にアレルギーを引き起こしやすい果物であるからです。 なぜかというと、パイナップルには パイナップルにはパイナップルプロテアーゼが含まれているからです、この物質にはタンパク質を消化する効果があります。

2::このパイナップルプロテアーゼを摂取すると、犬の胃腸粘膜の透過性が高まり、胃や腸にある大きな異物タンパク質が犬の血流に染み込んでしまうことになる。 この現象は、一度起こると、犬の場合は生体の感覚の違いから、特にアレルギー反応につながりやすいと言われています。

3:アレルギー反応で最も多いのは下痢です。 重症化すると重度の脱水症状に陥り、犬の生命を脅かす事態にもなりやすい。

4:だから、親が自分の犬にいくつかの果物を与えるとき、彼らはいくつかの情報を参照する必要があります。 この果物は犬が食べるのに適していない、犬のアレルギー現象を引き起こすことができる、またはこの果物はどのような状況で食べることができる知っている必要があります? どのような犬が食べるのに適しているのか? などなど、親が参考にしなければならない知識ばかりです。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:201 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 16:47:40
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬はパイナップルを食べることができるのか犬にとってのパイナップルの効果
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索