犬はピーナッツを食べてもいいの? 犬にとって危険な可能性

2022-06-17



犬はピーナッツを食べることができます。 ピーナッツは日常生活のいたるところで見かけることができ、栄養価も非常に高いです。 ピーナッツは胃腸を丈夫にするだけでなく、血液をサラサラにする効果もあります。 したがって、犬がピーナッツを食べることは、犬の身体的成長にも資することになります。 また、ピーナッツを食べることで、歯をきれいにしたり、口の中の臭いを消したりすることができます。 ピーナッツに含まれる栄養は、犬の毛並みを良くする効果もあります。 ただし、犬を飼育している飼い主は、適度にピーナッツを与える必要があります。 私たち人間も同じで、適度に食べることが大切です。 食べ過ぎると健康によくありません。 そのため、犬にピーナッツを与えすぎたり、食べすぎたりすることは、犬の体にはよくありません。
ドッグフードの多くでは、我々はまた、ピーナッツの組成を見ることができます。 ピーナッツはタンパク質を含むので、彼らは犬の栄養の不足を補うだけでなく、犬の味を増加させる。 ピーナッツの栄養価は良いのですが、犬が消化不良を起こさないように、ピーナッツを食べる犬の飼い主は、ピーナッツの殻を取り除き、ピーナッツをつぶして食べます。 殻付きピーナッツを食べると、腸閉塞になりやすく、大変危険です。 だから、あなたの犬が食べるために全体のピーナッツを与えないでください、それはあなたの犬の胃腸の不快感を引き起こすでしょう。

I. ピーナッツの成分


カリウム
カリウムは、細胞の浸透圧を維持し、細胞の活動を維持する役割と、体内の不要な塩分を生成する役割を担っています。 また、過剰に摂取すると体内からカリウムが速やかに排泄されますが、腎臓の機能低下によりカリウムの排泄能力が低下することがあるので注意が必要です。
食物繊維
食物繊維には、便の質を良くして排便を促す不溶性食物繊維と、腸内の老廃物を排泄する水溶性食物繊維の2種類があります。 ピーナッツには、水溶性食物繊維よりも不溶性食物繊維が多く含まれています。
リン
リンは骨に含まれるカルシウムを補う重要なミネラルです。 不足すると骨が弱くなり、成長に悪影響を及ぼしますが、過剰に摂取すると腎臓病の原因となることがあります。

犬に生のピーナッツは食べさせません。 ピーナッツはタンパク質が非常に豊富ですが、通常、ピーナッツを食べることも犬のコートに非常に有用ですが、犬の腸が完全に消化することができないので、生のピーナッツを食べることができない、特に犬の喉の領域に蓄積することができる全体のピーナッツを食べることができない、窒息の原因となる腸の閉塞を、引き起こすことができます。
生ピーナッツの栄養成分は、調理されたピーナッツよりも高くなる、犬は生ピーナッツが簡単に腸管によって消化されない食べる、簡単に腹部の膨満感を引き起こし、また嘔吐の症状があるかもしれません、そして状況の深刻さは、気管の腫れを誘発するため、呼吸困難になる、だから犬の有害事象を避けるために、生のピーナッツを食べてそれを与えてはいけない。

II. 犬に対して考えられる危険性


1. 窒息
生ピーナッツは比較的小さな粒である。 犬が生のピーナッツを食べる場合、通常、噛むことはない。 ピーナッツを丸ごと飲み込むと、腸を塞いでしまいます。 食べ過ぎるとのどにたまり、呼吸が苦しくなり、窒息死します。
2、腹部膨満感の原因
生のピーナッツの栄養成分は、調理したピーナッツよりも高くなります。 ピーナッツを食べた犬は腸で消化されにくく、腹部膨満感を起こしやすくなります。 嘔吐の症状が出ることもあります。 重症化すると気管が腫れて呼吸困難になるので、副作用を避けるためにも生ピーナッツは与えないようにしましょう。
犬はピーナッツを食べられますか?
犬はピーナッツを食べることができますが、食べる量は少なめです。 ピーナッツは栄養が豊富なので、犬はきちんと食べることができます。 しかし、ピーナッツは脂肪分が多く、たくさん食べるのには向いていません。 同時に、与えるピーナッツは、まず皮をむき、すりつぶし、水でゆでるのが、犬がピーナッツを食べ、消化するのに一番適しているそうです。
食べても良いが、食べる量は少なくする
ピーナッツはビタミンや栄養素が豊富で、適度な摂取は犬の健康な成長を促します。 しかし、ピーナッツの脂肪分も非常に多く、大量に食べると犬の体への負担が大きくなります。
また、ピーナッツの殻を犬が食べると、硬い殻が犬の胃に傷をつけることがあります。しかし、ピーナッツ豆を丸ごと食べると、犬の食道や気管を塞いで窒息の危険性があります。

犬はピーナッツを食べてもいいの? 犬にとって危険な可能性



III. 犬がピーナッツを食べるときの注意点


1. 砕く・すりつぶす
犬に傷をつけないように、ピーナッツの殻をむいてから食べさせましょう。 また、犬が噛めるようにピーナッツを細かく粉砕し、ピーナッツの豆が詰まるのを防ぎましょう。
2. クリアな調理
塩気のあるピーナッツを好んで食べる人は多いですが、犬にとっては塩気が強すぎて食べられません。 同時に、生のピーナッツは消化しにくいので、水と一緒にゆでたピーナッツは、効果的に栄養の損失を防ぐことができます。
犬は生のピーナッツを食べることができますか?
生ピーナッツは腸管で簡単に消化されないため、犬は生のピーナッツを食べることはできません、特に犬は簡単に喉を塞ぐことにつながることができる咀嚼せずに生のピーナッツを食べるので、窒息の危険性を引き起こす、そこに肥大化と嘔吐現象は、真剣に気管の腫れや呼吸困難になります、犬の健康のために、生のピーナッツを食べるためにそれを与えてはいけません。
ピーナッツはタンパク質が非常に豊富ですが、通常、ピーナッツを食べても、犬の毛に大きな助けを持っていますが、犬の胃腸が完全に消化することはできませんので、生のピーナッツを食べることができない、特に犬の喉に蓄積することができる全体のピーナッツを食べることができない、したがって、窒息の引き金になる腸閉塞を引き起こします。
3、窒息につながる
生ピーナッツのサイズは、犬が一般的に生のピーナッツを食べる場合、比較的小さいです噛まない、生の全体が腸管をブロックする飲み込んだ、あまりにも多くの死へとつながる窒息の原因となる呼吸困難、このように形成し、喉の領域に蓄積される食べます。
4、腹部の膨満感を引き起こす
生ピーナッツの栄養成分は、調理されたピーナッツよりも高くなる、生ピーナッツを食べる犬は腹部膨満感を引き起こすことが容易に、腸で消化することは容易ではない、また、嘔吐の症状があるかもしれません、状況は深刻である気管の腫れを誘発し、したがって、呼吸困難を作る、だから犬の有害事象を避けるために、生のピーナッツを食べてそれを与えることはありません。
ピーナッツには犬が中毒を起こすような成分は含まれていません。 しかし、私たちがよく食べているピーナッツは、砂糖や塩を使った加工品です。 そのため、加工されたピーナッツを犬に与えることはおすすめできません。
また、塩分や添加物が含まれていないものでも、注意が必要です。 ピーナッツには脂質が多く含まれているため、過剰に摂取すると消化不良を起こし、下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。 また、ピーナッツにはアレルゲンも含まれていますので、初めて与えるのであれば、少しから始めて、食べた後に異常がないかを必ず確認するようにしましょう。

IV. ピーナッツの加工食品


ピーナッツバター
ピーナッツバターは、犬にとって過剰な量の砂糖と塩分を含んでいるので、挙げるべきではありません。 しかし、甘くて香ばしいピーナッツバターは、犬にとって必需品です。 犬の投薬の補助食品としても最適なため、獣医師と相談の上、試してみるとよいでしょう。
ピーナッツの殻
もちろん、ピーナッツの殻も犬には与えてはいけません。 床に落としたピーナッツの殻を食べたり、テーブルの上に置いてあるピーナッツの殻を食べたりすることがあります。 もし、犬がピーナッツの殻をたくさん食べてしまったら、すぐに獣医さんに相談してください。 犬が消化できないため、腸閉塞になる恐れがあります。

ピーナッツのパン
小さくてもピーナッツの成分が含まれているため、アレルギーに注意しましょう。 また、塩分、糖分、脂質は犬にとって過剰であり、消化にも良くないので与えないほうがよい。

犬の健康のためのピーナッツのことは、非常に良いですが、犬は、あまりにも多く食べた後、消化不良に簡単ですので、食べ過ぎてはいけません、特にいくつかの子犬は、その胃腸システムのために、あまりにも多くを食べる場合は非常に深刻な負担であり、さらにいくつかの胃腸の不快感の原因となる可能性があります。 犬全体が喉で立ち往生することは容易である場合は飲み込むことができないので、犬の口に直接ではない全体のピーナッツは、犬のために、窒息の危険性が発生するときに餌犬のピーナッツは非常に怖いですされています。 もちろん、犬のために、ピーナッツにいくつかの他の調味料などを追加しないでください良いことではありません。
だから、犬はピーナッツを食べることができます。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:114 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 18:04:16
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬はピーナッツを食べてもいいの-犬にとって危険な可能性
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント