犬はブロッコリーを食べてもいいの?

2022-06-17



ブロッコリーは、ブロッコリーとも呼ばれ、栄養価が高く、低カロリーで、健康野菜の王様と呼ばれる野菜です。
食物繊維、カロテノイド、たんぱく質、ビタミン、脂質、炭水化物、抗酸化物質のイソチオシアネート化合物などを豊富に含み、フラボノイドを最も多く含む食品の一つでもあるため、高い食品価値と健康機能を備えているのです。
そのため、アンチエイジングやがん予防の効果があるとされ、多くの家庭の食卓で「長生きする」料理として親しまれています。

犬はブロッコリーを生でも調理しても、油や塩などの調味料を加えずに食べることができます。
実は、犬は毎日たくさんの野菜や果物を摂取しなくても健康な生活を送ることができるので、毎日適度に野菜や果物を食べさせればよいのです。 ブロッコリーは食物繊維やビタミンCを多く含み、低脂肪なので、犬の野菜やおやつとして人気があります。 しかし、ブロッコリーには有害となりうる成分も含まれており、この野菜の葉の部分にはイソチオシアネートが含まれており、食べ過ぎると犬の胃を刺激することがあります。 また、犬によっては軽度から重度の胃炎を起こす可能性があるため、ごく少量ずつ摂取するようにしましょう。
1日の総摂取量が10%以下であれば犬にとって安全、25%を超えると犬にとって有害とされています。
10%ルールによると、実際に摂取する量は犬の大きさによって異なることを忘れてはいけません。 また、犬にはそれぞれ個性があります。 ブロッコリーに対してより強く反応する犬もいるので、個々の犬がブロッコリーや新しい食べ物にどのように反応するかを観察することが大切です。
ブロッコリーは人間だけでなく、犬にとっても栄養価の高いヘルシーでおいしい食材ですが、犬にブロッコリーを適度に与えることは、犬の健康にも非常に良いという研究結果が出ています。
ここでは、ブロッコリーの栄養成分の内訳と、犬にとってのブロッコリーのメリット・デメリットをご紹介します。

I. ブロッコリーの犬への主な効果



食物繊維が豊富で、消化を促進し、愛犬の胃腸の働きを良くする。
ブロッコリーには、大量の食物繊維が豊富に含まれています。 体内では吸収できない栄養素ですが、大量の水分を吸収し、消化管内の食物量を増やして満腹感を高めるとともに、胃腸の蠕動運動を促進し、腸内の有害物質を吸着して排出し、腸内フローラを改善して消化管を保護し、犬の腸を健康な状態にすることができます。
血糖値やコレステロール値をコントロールし、犬の糖尿病や循環器系疾患を予防する。
ブロッコリーは食物繊維が豊富で、低脂肪です。 水溶性食物繊維は消化を遅らせ、コレステロールを速やかに排泄するため、血中の血糖値やコレステロール値を理想的な範囲に保つことができます。 次に、ブロッコリーに含まれるフラボノイド化合物は、感染症を予防し、最高の血管洗浄剤であり、コレステロールの酸化を止めることができ、血小板が凝集するのを防いで血栓症を減らし、犬の心臓血管を保護する効果があります。
豊富なビタミンとミネラルで、犬の免疫力を強化します。
ビタミンは、犬の正常な代謝を維持するために必要な有機物質のクラスであり、必要性は最小限であるが、それは生理機能を調節するために重要な役割を果たしている。 犬の場合、ほとんどのビタミンは食事から摂取する必要があります。
ブロッコリーには、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンB1、B2などが豊富に含まれています。 これらのビタミンは抗酸化成分であり、体の血液凝固機能に深く関わるものもあり、犬の免疫力アップにとても役立ちます。
さらに、ブロッコリーには、マグネシウム、ナトリウム、鉄、リン、クロム、カリウム、マンガンなどのミネラル微量元素も豊富に含まれており、これらは犬の神経系、免疫系、循環器系の健康に欠かせません。

II. ブロッコリーは良いものだが、無害ではない



ブロッコリーの犬への悪影響、それは主に2つの理由のために過剰摂取によって引き起こされる有害な結果に反映されています。
1、ブロッコリーなどのアブラナ科の植物に共通するのは、イソチオシアネートが豊富で、イソチオシアネート溶液の適切な濃度は、体の免疫システムを改善し、抗酸化、抗変異原性および抗がん能力を高めるが、その高い濃度(過剰摂取)犬の健康に有害なチオシアネートの有毒成分を放出することになります。
2、ブロッコリーには様々な食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維は消化が悪く、過剰に摂取すると胃の膨満感や胃痛、嘔吐の酸欠現象が起こることがあります。
従って、ブロッコリーを与える時、毛皮の子供に無差別に食べさせず、摂取量をコントロールしなければならない。一般的に、1日の食事の5%~10%が最も適切である。

3つ目 愛犬にブロッコリーを与える際の注意点



1. 生のブロッコリーを与えないようにする
調理後の生のブロッコリーは、高温で分解される一部のビタミンなど、有効成分の一部が損なわれる可能性があります。 また、生のブロッコリーは歯ごたえがあり、水分が多いため、犬によっては生のブロッコリーの味を好み、加熱したブロッコリーを嫌がる場合もあります。
ただし、生のブロッコリーの表面には農薬や肥料、特定の雑菌が残っている場合があり、子犬が消化不良を起こす可能性があることを考えると、生のブロッコリーは与えないほうがよいでしょう。
2. 2.調理方法は蒸すか茹でるをメインに
栄養の損失を最小限に抑えるには、蒸すのが一番です。 一般的にはブロッコリーが柔らかくなるまで20分ほど蒸すか、電子レンジで3分ほど加熱します。 チアミン、リボフラビン、ビタミンC、ビタミンBなどの栄養素の損失を最小限に抑えるには、3分間茹でるのが一番ですが、カロテン、トコフェロール、ルテインなどの含有量が増え、ブロッコリーが胆汁酸と結合する能力が高まるので、コレステロールを下げる作用がアップします。 ブロッコリーは加熱して、他の食品と混ぜてから犬に食べさせると効果的です。
初めてブロッコリーを与える時は、愛犬の体調に注意しましょう
初めてブロッコリーを食べる場合は、食後数時間は愛犬の体調をよく見てあげてください。 もし愛犬に胃の不快感やアレルギーがある場合は、医師の診断を受け、その後の給餌にブロッコリーを選ぶのは控えてください。
3. 欲張らず、適量を大切に
ブロッコリーは、様々な繊維が豊富で、消化が容易ではない、過剰な消費、腹部の膨張、腹痛を引き起こしやすい、犬を嘔吐の原因となります。 第二は、その組成物中のイソチオシアン酸であり、濃度の過度の消費の後、高すぎる、甲状腺腫につながる甲状腺ヨウ素欠乏を引き起こし、チオシアン酸の有毒成分を放出するのは簡単、犬の健康に有害である。

4:ブロッコリーなどを使った自家製ドッグフードの作り方



材料:ブロッコリー半個、ニンジン1本、キャベツの葉少々、ジャガイモ1個、牛肉適量、オリーブオイル少々、卵2個、コーンミール・白玉粉ミックス少々(1〜2食。 (ドッグフードの量によって材料の数を調節してください)。

調理方法
1、牛肉は食べやすい大きさに切り、人参は食べやすい大きさに切り、一緒に茹でて火を通し、みじん切りにしておく。
2、ブロッコリーを洗い、水中で20分ほどさっと蒸す。 その後、みじん切りを取り出しておく。
3銆銆蒸しジャガイモ、みじん切りにしておく。
4銆銆、卵2個を溶き、コーンミールと白玉粉を加え、オリーブオイルを少々垂らしてよく混ぜる。
コーンミールと白玉粉を混ぜたものを加え、オリーブオイルを少々垂らしてよく混ぜる。 をボール状にし、180度のオーブンで20分ほど焼く。
この方法の注意点

ニンジンは食べる前に油を塗らなければ、犬の消化不良の原因になります。
ブロッコリーは、天然の抗がん化合物である人参硫黄を含む優れた食品です。 ブロッコリーの人参硫黄を保護するために、ブロッコリーを水中で蒸すことを選択するように。 次に、ブロッコリーにも黒カラシ酵素の作用で大根硫黄が生成される配糖体が多く含まれているので、キャベツがマッチしているものを選びます。 (白菜はアブラナ科の野菜で、ブラックマスタード酵素が豊富に含まれている)。
ソフトフードは、犬の歯の健康のために、1~2食程度で構いませんので、それ以上食べないでください。

まとめ
少しのブロッコリーで、たくさんの効果が期待できます。 適度に食べさせれば、愛犬にとってとても有益なものになります。 我が家の愛犬がブロッコリーをよく食べ、食べても特に悪い症状が出なかった経験から、ブロッコリーだけを与えるのではなく、他の食材と一緒に与えると、犬はより好みますし、栄養価も高くなるのでおすすめです。

一方、ブロッコリーが犬のがんを予防できるかどうかについては、データの裏付けが不十分であるため、当面の間、触れないことにします。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:201 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 16:47:18
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬はブロッコリーを食べてもいいの
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント