犬は梨を食べてもいいの? 犬が梨を食べる注意点

2022-06-17



梨は甘酸っぱく、シャキシャキとした歯ごたえとジューシーさが特徴です。 人間にとって多くの利点があります。 犬がたまに梨を食べても健康にあまり影響はありませんが、食べ過ぎないように、一度に少量ずつ与えることをお勧めします。 雪梨はジューシーで、涼しい果物である、あまりにも多くの消費は、犬の下痢、胃腸の炎症などにつながるでしょう。 そして、梨には糖分も多く含まれており、糖分を多く含む果物や食べ物を犬が食べ過ぎると、犬の糖尿病、肥満、免疫系の損傷などの病気を引き起こす。 梨にはタンニン酸も含まれており、犬の胃腸が弱いと、そこに含まれるタンニン酸の代謝が間に合わず、一度タンニン酸とタンパク質が反応すると、タンパク質の沈殿を作り、結石を発生させることになる。 特に子犬や老犬は消化器官が完全ではないので、同じような野菜や果物を食べ過ぎると、体に大きな負担がかかります。
暑いときには、適度に果物を与えて、体内で失われた水分やビタミンを補い、犬たちの生活に楽しみを加えてあげたいものです。 今回は、りんごなど、糖分の少ない果物を選んであげましょう。 また、与える際には、果肉をきちんと食べさせることも忘れてはいけません。 果物の芯や種は、犬には与えないほうがよいでしょう。 なぜなら、モモ、サクランボ、サゴ、アンズ、ウメ、ビワ、ナシ、リンゴなど、バラ科の種子にはシアノゲニン・グリコシドを含むものが多いからです。 そして、シアノゲニン・グリコシドを含むものを摂り過ぎると、重篤な毒性反応を引き起こす可能性があります。
梨は犬にとって毒性はありませんが、必ずしも犬のバランスの良い食事に含まれるわけではありません。
犬に梨を与えることは、犬にとって楽しいおやつであることと、犬と一緒に食べられるということ以外、あまり栄養的なメリットはないのです。
もちろん、梨がおいしいのは糖分を含んでいるからです。したがって、もし彼が糖尿病であれば、犬に梨を与えるのは避けた方がよいでしょう。

I. 犬が梨を食べるときの注意点



犬に梨を食べさせる前に、知っておきたい注意事項です。

1、熟した果物を食べさせましょう、未熟な果物は犬の消化に副作用があり、胃の調子を悪くすることがあります。

2、犬が誤って食べてしまい、閉塞につながる恐れがあるため、芯を取り除くことを忘れないでください。

3、決して犬に食べるために全体の梨を与える、これらはそれが窒息の原因となるために簡単です、全体の果物は、消化された場合、腸の閉塞につながる可能性があるので、梨をカットする必要があります。

4、時々あなたの犬に梨のちょうど1つまたは2つのスライスを養う、果物が砂糖を含んでいるので、あまりにも多くを食べることは、犬の歯に有害なことができ、体重増加につながる、胃の不快感につながる可能性があります。

5、缶詰の梨や砂糖漬けの梨を犬に与えないでください。シロップは、犬のために良いではありません非常に多くの砂糖が含まれているため。

6、カビや腐った果物、腐った果物は、犬の下痢やお腹の不調につながる可能性があります。

7.発酵した果物は、犬にとって良くないアルコールに変化する可能性があるので、犬にも与えないようにしましょう。

II. 犬に梨を適切に与えるためのステップ



1.梨を選ぶとき、犬には熟した梨を選び、まだ熟していない梨は与えないでください。

2、与える前に、化学物質の残留物を除去するために、果物を洗って与える。

3、梨を切って、核の部分を取り出して、犬が食べやすいように、小さく切ってあげる。

4、梨の摂取量は、おやつと同様、犬の1日の摂取量の10%を超えないようにする。
一般的に、適切な量の食事を与えていれば、犬はいろいろな種類の果物を食べることができると言われています。 梨もその中の一つです。

梨を食べる量さえ決めておけば、このジューシーな梨を四つ足の友人と一緒に食べることができます。

大きな梨の芯は、小さな梨の芯よりも犬が喉に詰まらせやすいのです。 また、梨の熟度によっては、若い梨よりも芯がやわらかく、腐敗しやすい場合があります。

愛犬の喉の大きさ以上に食べても喉に詰まらせないよう、梨は皮をむき、芯を取り、種を取り除き、小さくカットして、お腹を膨らませる可能性を最小限にしましょう。 ME

梨については、あまり深く考えないでください。

人間の食べ物を愛犬に与える際の注意点をご紹介します。

まず、犬にとって毒性がなく、医学的な禁忌がないこと(例えば、腎臓病の犬や膵炎の犬には高タンパク質のフードを与えてはいけない)。 それから、脂肪を多く含むものを与えるべきではない)。

第二に、愛犬には適度な量を与え、適度に食べることです。 特に、梨やその他の人間の食べ物は、犬の1日のカロリーの10%を超えないようにする必要があります。

犬は梨を食べてもいいの? 犬が梨を食べる注意点



3つ目は、梨をきちんと食べることは、犬の健康に良いということです



梨には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、リコピン、抗酸化物質が豊富に含まれています。 他の果物と同様、梨にもフルクトースという天然の糖分が含まれています。 犬は自然界に存在する果糖を食物から摂取することに問題はなく、食べる量を制限するだけで、体重増加や虫歯などの健康リスクを回避することができます。

梨の犬への栄養的な効果は以下の通りです。

ビタミンA:犬の視力、免疫システム、骨、筋肉、被毛を維持します。

ビタミンC:免疫系を維持し、健康な関節を促進する。

ビタミンK:犬の正常な血液凝固を維持します。

カリウム(電解質):体液のバランスを保ち、神経や筋肉の働きをサポートします。

カルシウム(ミネラル):犬の丈夫な歯と骨を維持する

食物繊維:消化を助け、便を硬くします。

炭水化物:犬が必要とする体内エネルギーに変換されます。

銅(ミネラル):健康な免疫システムを維持し、犬の骨の発育を促進します。

IV. 犬が梨を食べることの危険性



1、胃腸の不快感

2、偏食の原因になる

3、妊娠中絶の引き金になる

すべての犬が梨を食べることができるわけではありません。 妊娠中の雌犬は梨を食べるのに適していませんし、そうでなければ流産を引き起こす可能性があります。 また、子犬は梨を食べてはいけません。胃腸の消化機能が悪く、梨を食べると下痢をしやすくなります。

V. 犬が少量でも食べることができる果物



1. バナナ。 バナナはビタミンB、ビタミンC、カリウムが豊富で、犬が少量食べるにはとても有益です。 また、バナナには食物繊維も豊富に含まれているので、腸の蠕動運動を助けることができ、犬の腸内環境に良いとされています。

2、ブルーベリー ブルーベリーには多くの栄養素が含まれています。 また、食物繊維や抗酸化物質も少し含まれています。 ですから、ブルーベリーはとても健康的な果物で、多くのドッグフードでもブルーベリーの成分が含まれていることでしょう。

3. ストロベリーです。 他の多くの果物と同様に、イチゴにも多くの食物繊維、ビタミン、抗酸化物質が含まれています。 しかし、犬に与える際には、イチゴの果実の茎を取り除いてから与えるように、注意してください。


4、カンタロープとメロン。 カンタロープはビタミンやミネラルが豊富で、メロンはビタミンA、B、Cが多く、カリウムも含まれていますが、あくまでも適量にしましょう。

5. キウイフルーツ。 食物繊維、カリウムの供給源であり、ビタミンCを多く含んでいます。愛犬に一切れか二切れ食べさせるとよいでしょう。 このおいしいトロピカルフルーツには抗酸化物質が含まれています。

6、オレンジ ビタミンCが豊富で、エネルギーを補充し、消化を助ける働きもあります。 愛犬にオレンジを与えすぎると、体重増加につながる可能性があります。糖尿病の犬には、オレンジを与えないようにしましょう。


7、マンゴー。 美味しいだけでなく、多くの健康効果があります。 なぜなら、βカロテンとαカロテノイドフラボノイドを含むビタミンA、カリウム、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれているからです。

8. パイナップル 少量のパイナップルは犬にとって良いもので、含まれるビタミンCは犬の抵抗力を強化する効果があります。 パイナップルの食物繊維は、犬の消化器官を改善し、お通じをスムーズにするためにとても役立ちます。 パイナップルのプロテアーゼは、単純に犬のタンパク質を吸収する能力を高めます。 この能力の増加により、犬は高品質のドッグフードからより多くの必須栄養素とミネラルを吸収することができるようになります。
  • 本文の分類:犬の餌
  • ブラウズ回数:209 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 18:04:43
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/犬の餌/犬は梨を食べてもいいの-犬が梨を食べる注意点
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント