猫はいちごを食べてもいいの? イチゴの効果・効能

2022-06-17



多くの人にとって、いちごは春の味覚です。 甘くて、ジューシーで、おいしいですよね。 でも、ウンチクを語る身としては、家族の猫がいちごを食べてもいいのかどうかも気になりませんか? 猫にイチゴは大丈夫なのでしょうか? おやつとして猫に与えてもいいのでしょうか? ここでは、猫に与えるかどうかを判断するための情報を得るために、いちごについて詳しく見ていきましょう。

イチゴには様々なビタミンが含まれており、適度に食べることで猫に必要な栄養素を補うことができますし、抗酸化物質も含まれているので猫の体にも良いのですが、猫の腸はもろいので、洗っていないイチゴを食べると下痢をしやすくなるので、よく洗ってから与えるように気をつけなければなりません。
特別な注意点として、イチゴは糖度が比較的高いので、食べ過ぎないようにしましょう、猫が食べ過ぎると脂肪、高血圧などの病気を引き起こす可能性があります。

I. いちごって何?


イチゴはベリー類ではありません! というのも、植物の卵巣ではなく、卵巣のある「受け皿」からできているからです。 赤色(白色の場合もある)で、肉厚で、小さな種に覆われています。 これは、子供の頃に習った、動物の毛皮に種をぶら下げて生殖の手段とする「耳介」のようなものです。 それと同じように、イチゴの種は果肉に乗せられ、それを食べることで種が広がっていくのです。 イチゴには多くの品種があるが、今人気があるのは、温室内で栽培されるクリームイチゴで、カラフルで香りもよい。

いちごに含まれる栄養素の統計を見てみよう。

イチゴには、さまざまな栄養素、ビタミン、ミネラルが含まれています。 100gのいちごに含まれる栄養素は以下の通りです。
水分 91.1g

エネルギー 31kcal

たんぱく質 0.64g

脂肪 0.22g

炭水化物 7.6g

食物繊維 1.8g

糖質 5.34g

イチゴの栄養

イチゴはリンゴに比べて高タンパクで低カロリーですが、健康に良い食物繊維もかなり少なくなっています。 また、いちごには以下のようなビタミンやミネラルが含まれています。

ビタミンC 56 mg

ビタミンK 2.1 mcg

カリウム 89 mg

リン 20 mg

カルシウム 12 mg

マグネシウム 11.8 mg

いちごに含まれるビタミン・ミネラル成分
いちごの栄養価
いちごは、低カロリーで食物繊維が多く、水分が少ないのが特徴です。 消化器官にも良く、便秘にも良いので、とても美味しくヘルシーな果物です ただし、いちごには100gあたり5g以上の糖分も含まれており、糖分が多く、大量に常食するのには向いていません。 とはいえ、食物繊維が含まれているため、血糖値の上昇を抑える働きがあり、いちごは比較的低血糖指数と言えます。 また、イチゴにはビタミンCやカリウムなどのビタミン類やミネラル類が豊富に含まれています。 また、ポリフェノールや抗酸化化合物のケルセチン、ゲラニンなどのアントシアニンなど、重要な植物栄養素も含まれています。 これらの栄養素は、血圧、心臓病、癌を抑制する効果があります。 イチゴは果物の中で最もポリフェノールを多く含む果物の一つです。

猫はいちごを食べてもいいの? イチゴの効果・効能



II. イチゴの効果・効能


イチゴは見た目がよくておいしいだけでなく、栄養価も高い。
イチゴは壊血病を効果的に予防し、歯茎の出血、歯周炎などを治療することができます。
イチゴは食物繊維が豊富で、腸の蠕動運動を促進するだけでなく、食べ物の消化を助け、便秘の症状を和らげるのに役立ちます。
また、イチゴにはカロテノイドが豊富に含まれており、夜盲症の緩和や視力の向上、成長・発達を促す効果があります。
果物であるイチゴは水分を豊富に含んでいるため、猫の水分摂取量を増やすことができます。
栄養豊富な抗酸化物質。 免疫力を強化し、老化を遅らせる。
葉酸が豊富:タンパク質を代謝し、新しい細胞を作る。
カリウムがたくさん:神経系、筋肉によく、健康な成長を促進する。
ビタミンCがたっぷり 猫はビタミンCを合成することができますが、病気などで肝臓がビタミンCを十分に生成できない場合は、ビタミンCを食事に追加する必要があります。
食物繊維が豊富 ペクチンが豊富で、整腸作用や下痢・便秘などを改善する効果があります。 これに加えてコレステロールの排泄を促進するため、悪玉コレステロールの減少が期待される

3、猫はイチゴを食べることができる?


猫がイチゴを食べることができるかどうか、特に知りたいと思いませんか? いくつかの重要なルールを守れば、猫がイチゴを食べることができるのは良いニュースです。 いちごは猫にとって安全な食べ物です。 美味しくて栄養価が高く、猫にとって魅力的な食べ物です。 というのも、猫には「甘い」という味覚がないため、「甘い」ものを味わうことができないからです。
でも、猫は肉食動物だから、本当にイチゴを食べられるの? そうなんです、猫は専ら肉食動物なので、イチゴなどの果物や野菜は消化できないと聞いたことがあるかもしれませんね。 しかし、そうではなく、「肉食専用」というのは、単に肉にしか含まれないアミノ酸を必要としているということで、植物を食べようと思えば食べられますが、肉がないと生きていけないのです。
いちごは猫にいいのか?
猫が食べようと思えば安心して食べられるいちごですが、猫にとって良いものなのでしょうか? 猫がいちごを食べることは栄養価が高いのでしょうか? 多くのことに言えることですが、イチゴを食べることが猫にとって良いことなのかどうかは、今のところ分かっていません。 ただ、イチゴは糖分が多いので、特に糖尿病の猫には食べ過ぎない方が良いということは分かっています。 しかし、イチゴの味が好きな猫は多いですし、イチゴに含まれる水分や食物繊維は食事の足しとして有効です。 多くのおやつに比べ、いちごは比較的低カロリーなので、猫が好きな場合はおやつにするのも良いでしょう。

猫が一度に食べられるイチゴの量は?
猫はいちごを食べることができますが、では、どれくらいの量のいちごを食べれば健康に良いのでしょうか。 まず、愛猫の1日に必要なカロリーの90%以上を摂取できるよう、バランスの良い食事のレシピを考えておくことをおすすめします。 最後の10%のカロリーは、いちごなどのおやつから摂取します。 平均的な猫は、肥満を避けるために、1日に20g以上のイチゴを食べません。 とはいえ、1日に10g以上のイチゴを食べると、多くの猫が胃腸障害を起こす可能性があります。 このことを念頭に置き、ご褒美としてイチゴを小さく切って食べさせたり、細かく切ってフードの上に振りかけたりするとよいでしょう。 いちごを洗って農薬の痕跡を取り除き、また、いちごの緑色の部分は猫ののどに引っかかる可能性があるので、取り除くことも忘れずに。
いちごを食べ過ぎるとどうなる? 消化不良 イチゴを食べ過ぎると、胃の中のクマが上昇し、胃腸の力が低下するため、非常に消化不良を起こしやすくなります。 下痢 イチゴはまず涼しい果物に分類され、軽い下痢効果があり、食べ過ぎは非常に体の水分を強めやすく、特に酸逆流の人は食べることに注意する必要があり、そうでなければ、非常に簡単に下痢、腹痛、その他の病気を引き起こすことができます。 イチゴのアントシアニンは強い抗酸化作用を持っていますが、あなたがあまりにも多くの抗酸化作用を取る場合は、大幅に病気の確率を高め、身体本来の心身の健康酸素フリーラジカルを排除するので、量を操作する必要があります。
  • 本文の分類:猫の餌
  • ブラウズ回数:195 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 17:03:46
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/猫の餌/猫はいちごを食べてもいいの-イチゴの効果・効能
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索