猫はスイカを食べてもいいの? スイカは猫に悪いのか

2022-06-17


猫はスイカを食べることができるのか


猫はスイカを食べることができます。 スイカは、猫にとって毒になる食べ物ではありません。 ほとんどの猫はもともと水が好きではないので、スイカで水分補給ができます。 ただし、スイカを食べる際には、胃腸の病気にならないように、常温の新鮮なスイカを猫に与えるように注意が必要です。


暑い夏に一番ホッとする果物はもちろんスイカですが、スイカを好んで食べる猫もいれば、スイカは比較的甘いので、飲み物を好まない猫に飼い主がスイカを食べさせることもありますが、糖尿病の猫に与えることはおすすめしません。 猫はもともと水を飲むのが好きではない、彼らはいくつかの尿路疾患に感染する可能性が高くなります。 スイカは水分が豊富なので、尿路疾患に感染している一部の猫には非常に有効です。 ただし、猫にスイカを与える際には、冷蔵庫から取り出したばかりの冷凍スイカを与えないことはもちろん、生のスイカや割れたスイカを与えると、猫が下痢をしたり、不適切な食事によって猫の急性胃腸炎を引き起こし、猫の腸への負担が大きくなる可能性があるので、注意が必要です。

猫は、スイカ、パパイヤ、カンタロープ、リンゴ、キウイフルーツに加えて、餌が猫の健康に適切である限り、多くの果物を食べることができ、まだ非常に有益です。 フルーツは猫にビタミンを与えることができますが、何しろ猫は肉食動物ですから、フルーツは少なめに与えることをおすすめします。

幼い猫にはスイカを食べさせないようにしましょう。 スイカは水分やビタミンが豊富ですが、スイカは冷えています。 子猫は胃腸の機能が十分に発達しておらず、胃腸がもろくなっています。 スイカを食べさせると、子猫は下痢、嘔吐、腹痛などを起こしやすく、ひどい場合は他の病気を起こすこともあり、治療が比較的面倒なので、子猫にスイカを与えないことが推奨されています。 子猫が生後4~5ヶ月になったら、少量のスイカを食べさせても大丈夫です。

猫が果物を食べても大丈夫

猫にとって、果物は微量栄養素と砂糖を補充することができますが、最初に猫が食べることを望んでいる、すべての猫が果物を好きではない、猫の大半は自分の個性を持って、非常に気難しいでしょう、猫が好きではない果物を食べることを強制しないでください、これは猫が怒るだけ、時間をかけて所有者を恐れていることでしょう。

猫はスイカを食べてもいいの? スイカは猫に悪いのか


スイカは猫に悪いですか



猫にとってスイカは食べられるものですが、適度な量であることが大切です。 スイカを食べさせすぎると、体内の糖分が過剰になり、猫はこの糖分を分解する能力が低いため、糖尿病のリスクが高まります。 また、スイカの種は猫に吸収されず、胃腸の負担を増やす可能性があるため、スイカの場合は種を排除するように注意が必要です。 夏の暑い時期には、猫にスイカを食べさせて涼を取り、水分補給をしましょう。 ただし、必ず常温のものを与えてください。冷蔵庫で冷やしたスイカは猫の胃腸に負担をかけ、便秘、食欲不振、うつ病になります。


すべての果物が猫に適しているわけではありません

猫は酸性の食べ物に非常に敏感で、酸性の食べ物は猫の腸を刺激し、ほとんどの猫はオレンジ、レモン、グレープフルーツなどの酸性の食べ物を好きではありません。 猫がこのような果物に長時間触れたり食べたりすると、簡単に細胞が壊死したり、嘔吐したり、死に至ることもあるのです。 猫にとって、アボカドは非常に危険な果物です。 アボカドの葉、果肉、種、樹皮には「ペルシン」という化学毒素が含まれており、猫にとっては猛毒であり、非常に有害です。

口内炎の改善策とは


猫の口内炎には、口の中の傷ついた面に直接薬を塗ると、薬が潰瘍に直接作用するので、猫の口内炎の治療には非常に有効ですが、猫の口に薬を塗る前に、まず口の中をすすぐ必要があることに注意が必要です。 過マンガン酸カリウム水溶液の千分の一を使用して自己一致することができ、すべてが購入できない場合は、また、暖かい光生理食塩水を使用することができます。
1、同仁堂の口内炎サン同仁堂の口内炎サンの主成分は清大、白扇、氷片で、清熱収斂の効果があり、軽い口内炎の治療効果は良好である。 口内炎は水色の泡で、両親は猫の口内炎にこすり泡に浸した綿棒を使用することができ、1日2〜3回、軽度の口内炎は、一般的に1週間以内に治すことができます。
2、ビンロウラン主な成分は、氷片、ホウ砂(焼成)、辰砂と玄米粉、清熱解毒の効果を持って、主に人間の口や舌の痛みの治療のために、腫れと痛みを軽減、粉末に浸した綿棒の使用も少量で数回、猫の口腔潰瘍に使用されています。
3、スイカクリームスプレー スイカクリームスプレーは一般的に口腔疾患の治療に使用され、猫の中等度の口内炎の治療では、一定の効果がある、猫の家族は、猫の口内炎を治療するだけでなく、スイカクリームスプレーを持たなければならない、また、猫の耳ダニを治療するために使用することができ、その効果は顕著である。 猫の口内炎によく使われる外用薬はすべて漢方薬で、清熱解毒作用のある薬ばかりです。 同時に、それは口内炎が襲ったときに猫の口が非常に痛いことを知っておくことが重要です、猫は簡単に自分の薬に両親を聞かせていないでしょう、これはまた、多くの両親の頭痛の種である、これについて、唯一の厳しい来ることができる、助けるために数人以上の人々は、プロセスがより苦痛ですが、猫の回復のために、それは唯一のそうすることができます押された猫。 口内炎を持つ猫は、ペットの所有者は、特に高速な処方を癒すもの迷信であってはならないが、猫を助けるために、より科学的なアプローチを使用する必要があります。 猫が口内炎に苦しんでいる場合、ペットの所有者はあまり心配する必要はありませんし、猫がより速く回復するために、次の経験を試すことができます。
1、猫が口内炎に苦しんでいる間、猫の食事に注意を払う、飼い主は猫に乾燥しすぎたキャットフードを与えてはいけない、いくつかの液体食品を与えることをお勧めします、またはヤギの粉乳でキャットフードを浸し、猫の口の上に乾燥し硬い猫の食べ物の苦痛を軽減することができます。
2、口内炎に苦しんでいる猫の口腔衛生を改善することも猫の口臭につながる可能性があり、この時間は、ペットの所有者は、衛生上の猫の口腔を改善するために注意を払う必要があり、このようなペットの口腔洗浄スプレーとしてペット口の緑は猫が口臭を減らすのに役立つだけでなく、猫の口腔環境の高速回復に使用することができます。
3、サプリメントビタミンBの猫はまた、人間と同じであり、ビタミンB組成の一定量を維持する必要があります。 この点で、あなたは猫の回復をより助長取るために支払うべきペットの口とそのようなホームファンビタミンBとして、猫のための特別なビタミンBを、養うことができる。
4、抗生物質上記の方法は、猫がよく回復するために助けることができない場合は、ペットの所有者は、猫アモキシシリンなどの抗炎症性抗生物質を供給することができます。 もちろん、猫を獣医さんに連れて行って注射をしてもらうこともできますが、これは一時的に痛みを和らげるだけで、その後は一定期間のケアが必要です。
  • 本文の分類:猫の餌
  • ブラウズ回数:118 サブブラウズ
  • 公開日:2022-06-17 17:04:08
  • 本文リンク:https://jp.petzuo.com/猫の餌/猫はスイカを食べてもいいの-スイカは猫に悪いのか
  • 共有先:

    この文章はあなたに役に立ちますか?

    コメント

    検索