より多く +
より多く +

百科事典
ネコちゃん
百科事典

ペット飼育

犬にイチゴはいいのか? 犬にとってイチゴはどんな効果があるのでしょうか? 子犬はいちごを食べてもいいの?

犬にイチゴはいいのか? 犬にとってイチゴはどんな効果があるのでしょうか? 子犬はいちごを食べてもいいの?

愛犬がとても好きで、愛犬に良い栄養を与えたいと思い、愛犬の好きな果物を食べさせてあげる飼い主さんがいますが、それがイチゴなら犬に与えても大丈夫なのでしょうか?犬が少量のイチゴを食べることは可能ですが、それ以上食べることはお勧めできません。I. 犬はいちごを食べてもいいの?イチゴは糖分が多いため、たくさん摂取した犬は腎臓からゆっくり消費し、体外に排出するしかありません。 これは犬の腎臓への負担が少な

ぶどうは犬に悪い?

ぶどうは犬に悪い?

夏になるとほとんどの家庭で食べられる、ごく一般的な果物であるぶどう。 ブドウを食べる時、愛犬が自分の周りをグルグル回っている時、何気なくブドウを数粒投げて食べさせていませんか? 初心者の飼い主さんは、基本的に愛犬に少しあげることを選択される方が多いと思いますが、ぶどうを食べたらどんな結果になるのか、考えたことはありますか? 理解して行くと、愛犬に危害を加える可能性があります。毎年夏になると、ブドウ

犬は梨を食べてもいいの? 犬が梨を食べる注意点

犬は梨を食べてもいいの? 犬が梨を食べる注意点

梨は甘酸っぱく、シャキシャキとした歯ごたえとジューシーさが特徴です。 人間にとって多くの利点があります。 犬がたまに梨を食べても健康にあまり影響はありませんが、食べ過ぎないように、一度に少量ずつ与えることをお勧めします。 雪梨はジューシーで、涼しい果物である、あまりにも多くの消費は、犬の下痢、胃腸の炎症などにつながるでしょう。 そして、梨には糖分も多く含まれており、糖分を多く含む果物や食べ物を犬が

犬はブロッコリーを食べてもいいの?

犬はブロッコリーを食べてもいいの?

ブロッコリーは、ブロッコリーとも呼ばれ、栄養価が高く、低カロリーで、健康野菜の王様と呼ばれる野菜です。食物繊維、カロテノイド、たんぱく質、ビタミン、脂質、炭水化物、抗酸化物質のイソチオシアネート化合物などを豊富に含み、フラボノイドを最も多く含む食品の一つでもあるため、高い食品価値と健康機能を備えているのです。そのため、アンチエイジングやがん予防の効果があるとされ、多くの家庭の食卓で「長生きする」料

犬はパイナップルを食べることができるのか?犬にとってのパイナップルの効果

犬はパイナップルを食べることができるのか?犬にとってのパイナップルの効果

犬はパイナップルをある程度きちんと食べることができます、犬は雑食性の動物に属しており、多くの果物を食べることができますが、多くの果物を食べることで、犬に何らかの悪い現象が起こる可能性があります。 パイナップルには、ビタミンやクエン酸の他に、糖分や食物繊維が比較的多く含まれていると言われていますが、同時にパイナップルには、タンパク質の分解を助け、状況の消化を促進することができるパイナップルプロテアー

犬はクルミを食べてもいいの? 犬がクルミを食べるときの注意点

犬はクルミを食べてもいいの? 犬がクルミを食べるときの注意点

犬はクルミを食べてもいいのか犬がクルミを食べると被毛に艶が出ますが、クルミは消化が悪く、ナッツ類は犬の喉に詰まりやすいので、一度にたくさん食べないでください。 犬は直接全体を飲み込むために簡単にクルミを食べ、犬の喉にはまり、飲み込む方法がありません、それは犬の命を脅かす、窒息につながるので、犬がクルミを供給されるとき、それは少し小さいクルミを破ることをお勧めします。 いくつかのクルミが処理されるの

バナナは犬にとって良いものですか? なぜ犬はバナナを食べてもいいの?

バナナは犬にとって良いものですか? なぜ犬はバナナを食べてもいいの?

バナナは、食物繊維や鉄分、カリウムなど、体を丈夫に保つための栄養素を豊富に含む一般的な果物で、ナトリウムが少なく食物繊維が豊富であることから、心臓の健康をコントロールしたい人におすすめです。また、「犬は人間の食べ物を食べてもいいのか」という話もよく出ますが、犬の「目つぶし」にひっかかり、ついつい私たちの食べ物を少し与えてしまう飼い主さんも少なくありません。 実際には、すべてのものが食べることができ

犬はレタスを食べることができる? 犬が野菜を食べるには調理が必要なのか

犬はレタスを食べることができる? 犬が野菜を食べるには調理が必要なのか

犬はロメインレタスを食べることができるのかほとんどの犬はレタス類を食べても問題ありませんが、すべての犬がレタス類を食べられるわけではありません。 愛犬の食事を調整する前に、獣医師に相談するのが一番です。 獣医師が同意すれば、毎日大さじ1杯の刻んだまたは調理したロメインレタスを愛犬の食事に加え、消化器系が徐々に適応するようにします。 犬が耐容性を示し、嘔吐や下痢などの副作用がなければ、徐々に分量を増

より多く +

ドッグトレーニング

猫のトレーニング

ペット疾患

知識をかわいがる

より多く +